型付けの流れ

YGSの湯もみ型付けの手順は以下の通りです。
各ポジションに合った最適な型付けを行います。

1. グラブの状態の確認

グラブのグリスの状態を手で確認する。一般的な湯もみではグラブを分解して確認しますが、当店ではグラブを自然な仕上がりにするためお客様がグラブを購入した状態を大切にし、自然な状態で湯もみをするため手で確認します。

2. 紐の調整

グラブの開閉をスムーズにしてボールを捕りやすくする為に、紐の調整をします。キツ過ぎず、緩過ぎずボールが捕りやすい最適な状態に調整します。

3. グラブをお湯に浸ける

かなり熱めのお湯( 温度は企業秘密) に浸ける事により、グリスが柔らかくなるので、グリスを全体に伸ばします。

4. グリスをしっかりつける

お湯に浸け柔らかくなったグリスをしっかりと捕球面に接着させます。グリスがしっかりついていないと捕球面が浮いてしまいボールが捕りづらくなってしまいます。

5. グラブを揉む

お湯に十分に浸けたグラブを、お客様のオーダー( 硬さ) に合わせて揉みます。
固めには固めの、柔らかめには柔らかめの揉み方で。

6. ボールでポケットを付ける

一般的な湯もみでは型付け用ハンマーを使ってグラブを叩いてポケットを作りますが、当店ではハンマーを一切使いません。当店でポケット作りに使うのはボールだけです。ボールを捕ることが一番大事なグラブ。当店では〝ハンマーではなくボールを捕りやすいグラブ〟を作ります。そしてここでゴロ用ポケット、送球用ポケットを作りダブルポケットグラブにします。

7. グラブを乾燥させる

グラブに型を定着させる。乾燥して型を覚えたグラブも、まだまだうろ覚えなので乾燥した状態で再度ボールを作ったポケットでキャッチしてあげます。そうすると型が完全に定着します。

8. グラブを仕上げる

お湯に浸け乾燥させたグラブは、少しカサカサしてしまうので最後に高級スクワランオイルで丁寧にしっとりさせていきます。グラブがしっとりツヤツヤになったらダブルポケットグラブの完成。